適当にダイエットしよう

半年でマイナス10キロ目指します。

入社1年目の心構え

入社3年目の僕が偉そうに言うのもなんですが、入社1年目の心構えと題して、

書かせて頂きたいと思います。

 

 

1.同期の仲間を大切にする。

2.郷に入れば郷に従え。

3.直属の上司を大切にする。

 

 

 

1.同期の仲間を大切にする。

 

我が会社では社員2000名に対し、毎年60人程度の新入社員が入社しますが、その中には、大卒や高卒、転職者等、様々なバックグラウンドを持った方がいらっしゃいます。

 

とりあえず、みんなとお話ししましょう。

そこで、本当に気の合う仲間を一人でもいいので見つけましょう。

 

基本的に、社会に出ると周りは全員敵、サバイバルの世界です。

それだけに、社内に一人でも心許せる仲間がいれば、それだけで心に余裕が生まれます。

 

しかし、親しき仲にも礼儀ありです。

今後一生付き合うつもりで、最低限の距離感は保つ事をオススメします。

 

また、キャラを作るのはオススメできません。

イケイケ系やお笑い系でぶっ飛ばしてくる人もいますが、例外なく失速します。

 

 

 

2.郷に入れば郷に従え。

 

入社前のやり方や価値観などは一度引き出しにしまい、真っ白の状態にしましょう。

 

イエスマンでは無いですが、自分の考えに反してても、組織の方針には従いましょう。

個人的な考えを主張したいのなら、いち早く出世する事です。

そのためにはやはり、組織の方針に則り、結果を出す必要があります。

 

チャールズ・ダーウィンもおっしゃってます。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い最も生き延びるでもない唯一生き残るのは、変化できる者である』と。

 

今後はより一層、環境適応力が問われる社会になるのではないでしょうか。

 

 

 

3.直属の上司を大切にする。

 

やはり、いちばん大切にすべきは、直属の上司です。

 

右も左もわからない新入社員は、遅かれ早かれ、絶対に一度は大きな失敗を経験します。

 

基本的に人間は自分がいちばん可愛いので、誰も助けてはくれません。

そんなとき、唯一味方になってくれるのは、直属の上司だけです。

 

教育係りの先輩、グループ長、課長、部長。

 

新入社員の失敗は直属の上司の責任でもある為、全力で助けてくれます。

 

しかし、それは決して善意などではなく、

上司自身のキャリアを守る為です。笑

 

なので、常日頃から報告、連絡、相談をしっかりし、上司とはマメにコンタクトをとりましょう。

 

飲みニケーションとはよく言ったものです笑

 

私自身もワンマン的な性格で、

自分一人で何でもできる!

と思いがちなので、今後も気をつけていきたいと思います(..)